白くするには

歯科器具

口の健康を保ちつづけるには、日頃のオーラルケアが大切です。
ただし、個人ではケアできないこともあるので、そんなときは歯医者さんに一度相談してみると良いでしょう。
予防歯科では、ほとんどの人が行えていない正しいブラッシング方法を指導してもらうことができます。
また、歯ブラシが届きづらい奥歯の溝部分には、シーラントという治療方法で、奥歯の溝を塞いでもらうことができます。
シーラントは治療時間が短く、とくに生えたての奥歯の虫歯予防に効果的です。
虫歯ができやすい人であれば、フッ素塗布がおすすめです。
虫歯ができにくい環境をつくるフッ素を歯に塗布するだけで、虫歯予防をすることができるので、痛みなどは一切なく、誰でも気軽に利用することができます。

これまで歯医者さんというと、「痛い」というイメージが強かったですが、最近は痛みをともなわない「無痛治療」をおこなっている歯医者さんも多いので、痛いのが嫌で歯医者さんに行けずにいる方は、ぜひ無痛治療を行っている歯医者さんに相談してみてください。
無痛治療は歯を削らないのが特徴で、レーザーで虫歯を除去したり、薬品で虫歯を溶かして治療する方法があります。
ただし、無痛治療の場合は保険の適用とならない場合があるので、利用する前に費用について歯医者さんに聞いておくことが大切です。
保険がきかない自由診療の場合は、歯医者さんによって料金が違ってくるので、治療内容と料金が適切かどうかをきちんと確認することが大切です。